オフライン

2009年8月 1日 (土)

REAL3D体験 & ステレオクラブ東京オフ会 in 六本木

昨日の午後は、新3Dデジタルカメラ「REAL3D」体験会ということで、極秘裏?に、六本木にある富士フィルムのヘッドクオーターへ向かう。 この「REAL3D」体験会は、ステレオクラブ東京のメンバー向けに、富士フィルムさんが開催してくれたもので、約30名のクラブメンバーが集まり、実際にカメラに触れながら、開発者の皆さんと意見交換ができるという好機会であった。 こういうメーカーの姿勢は実にありがたい。

 詳しいカメラの説明は、富士フィルムさんのサイトを参考にしていただくとして、とにかくこの3Dカメラの楽しさは、いつも持ち運ぶことが出来る「手軽さ」にあると私は思う。 (もちろん普通の「2D」なコンパクトデジタルカメラに比べれば大きいのであるが、今までのステレオカメラに比べれば、画期的に小型軽量なのである) だから、ポケットに入れたり、首からかけても、あまり負担にならないし、オートモードがあるから、さっと取り出して即座にステレオでスナップ撮影が楽しめる。 もちろん左右の同期は完璧なので、細かいことを気にせずに撮影できるのが嬉しい。  そしてその場で、背面の3Dモニターでプレビューができるから、撮ったその場で立体写真を楽しむことができるのだ。 今までは、画像を持ち帰って、ステレオビューア用にマウントしたり、アナグリフにしたりする手間があったが、それがいらないのである。

画質的なことを言えば、2台の高級デジタルカメラを使った方法にかなわない場合もあるが、このカメラのスナップ性の高さは、はじめて立体写真を撮影する方のみならず、ステレオ写真マニアにとっても実に楽しいものであると思う。  8月8日の発売日と、その後の売れ行きが、本当に楽しみだ。

***

「REAL3D」体験会の後は、そのまま近所のパスタ屋さんでオフ会を開催。 20名近いステレオクラブのメンバーによる熱い熱い3D話はつきないのだった。

↓超小型のDLPプロジェクター2台で3D上映する、札幌から参加の池田さん。 スクリーンは、なんと Macbook Air の底だ! (Macbook Proでも上映可能だ)

Stereocluboffmeeting01_fixed_600_ca

↓SPMやSMMの作者「むっちゃん」氏も駆けつけてくれた(左)

Stereocluboffmeeting03_fixed_600_ca

↓ご機嫌な筆者(中央)

Stereocluboffmeeting02_fixed_600__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

シネマ秘宝館で3D上映してきました。

土曜日・日曜日と新宿ロフトプラスワンで開催された「シネマ秘宝館」にて、3D映像を上映させて頂いた。

この「シネマ秘宝館」というイベントは、主に自主制作のショートフィルムをライブハウスで上映するというもので、今回で40回目を迎える。 特に爆笑もの映像や、アングラ映像の上映が多く、お酒を飲みながら、腹を抱えて笑えるのが特徴だ。 上映の後に繰り広げられる、斉藤館長と作者とのトークも絶妙で面白い。

http://www.geocities.jp/saitoukanchou/

で今回は、そんな爆笑上映会の一部として3D上映をさせていただいたわけで、こういった上映会での3D上映は珍しいのではないかと思う。

Cinemahihoukan02_600_ana

ただ、さすがに爆笑ものの3Dコンテンツをもっていなかったので、少々場違いになるのではないかと心配したが、飛出す映像は珍しいこともあり、皆さん偏光メガネをかけて盛り上がっていただいた。 3D映画「サムライ女子高生」の監督、ReQさんのトークも受けた↓

Cinemahihoukan03_600_ana

いや~、でもこういうイベントでの上映は楽しいなぁ~  うーん、「爆笑もの3D」や、「超アングラ内容の3D」なんていうコンテンツも制作したいな~

↓会場での3Dプロジェクターセッテイングの様子

Cinemahihoukan01_text_ana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

立体映像でバッティング & おしおきだべ~

東京タワーの屋上(といっても5階)で開催中のイベント「3D立体映像でバッティング」に、3Dオフ会と称した数名で乱入!!

200円をはらって、偏光メガネをかけてバッターボックスに立つと、6mほど先のスクリーンにアニメ投手が映し出される。 そして、その投手が投げてくる「立体映像のボール」を、タイミングよくバットで打ち返すというゲームだ。 で、タイミングが合うと、ヒットやアウト、ホームランといった映像が流れる仕組み。 ゲームは単純だが、スクリーンから飛出してくるボールは迫力で、一球目は思わずのけぞってしまうほど。 飛雄馬の消える魔球や、メジャーの吾郎投手がなげるジャイロボールも再現されているのでお見逃し無く。 8月22日までの限定イベントなので、やってみたい人はすぐに東京タワーへGOである。

3dbatting2_610_ana_2 

・・・と、ちょっと広告みたいになってしまったが、実はこのゲームの立体映像制作を担当させて頂いたので、ちょっと宣伝させていただいたわけ~(^o^)~ 制作は、マンガ本の2D画像から15フレーム程度の2Dアニメ映像を作り、それを1フレームづつ3D化するという作業で、結構手間がかかってしまった。ボールの軌跡は、実際の投球をサンプリングしたものと、計算値で算出される視差から、見た目にストライクが入るように調整している。左打席と右打席で球スジが違うのは、立ち位置によっても球筋の見え方が違うためで、このあたりの試行錯誤にも結構骨が折れた。 まあ、このあたりの細かいところも3Dファンに吟味いただけると嬉しい。

この後、3Dオフ会と称した数名は、東京タワー3Fで上映中の「ヤッターマン3D」を鑑賞。子供に混じって、あやしい大人6名で最後列座席を占拠したのである(笑) 映像の内容は、おなじみヤッターマンの10分程度の3Dショートフィルムだが、飛出し感も程よく、構楽しめる内容だ。(立体映像わかってる人が作ったなという印象をうける)

ヤッターマン3D鑑賞後は、シアター横のホールにあった3連自転車で「おしおきだべ~」

Yattaman02_600_ana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ステレオクラブ東京【春】例会

土曜日、ステレオクラブ東京例会参加のため、DLPプロジェクター2台とPCをガラガラ(ゴロゴロという人も)に詰めて、会場の天王洲アイルへ。 16:15到着。

まだだれも到着していない・・・歯が痛くなってきた。(2日前に歯茎を切って、なかの歯石をとって、骨の代わりになる繊維を入れたところなのだ)

16:30くらいから、人が集まりはじめたので、重い腰を上げて、スクリーンとプロジェクターを設置。 いつになくプロジェクターの調整に時間がかかる(歯が痛いのだ!)

17:00 けっこう沢山の人が・・・私、意識もうろう。

17:15 例会スタート・・・したみたい。

初参加の人に自己紹介していただく。 また、告知のある方々におしゃべりして頂き、その後、歓談・・・・ 私は、ビールで歯痛を少し忘れる。

18:00 3D上映開始。 PC操作(少し痛みがひいたみたい ^^)

キャノンのコンデジ+SDMで撮影された、むっちゃんの「鳥」はピタリと空中に立体で静止するシンクロの良さだ。 デジカメでもここまでシンクロできる時代がきたか! それにキャノンのコンデジなら、安いもので2台を3万円で揃えられる。 ステレオ写真やりたい方には、超お勧めできる組み合わせだ。 

3Dムービーも上映される。 「車」暴走(?)や、「顔」暴走(?)ムービーが面白い! 新しい流れを感じる。 素晴らしい作品の数々・・・あたしも頑張らないといかん。

色々刺激を受けて、また歯が痛くなってきた+熱(涙) 

デモコーナーでは、中版のロータリービューア(中国製ではなく日本製のしっかりしたもので、50万円なり)。 画像は綺麗だが、歯が歯が・・・・ 説明では、このビューア、4月から東京ミッドタウンで開催される3D展で使われるらしい(詳細・・・ 聞いたがおぼえていない・・・ごめん・・・)

21時ころ終了。 発熱~ 意識遠のく~ 「顔」が・・・「顔」が鳥居を駆け上がっていくぅ~(上映みてない人には判らなくてごめん)

23時ころ、なんとか帰宅。 こんどは花粉と黄砂で目と鼻がやられた(涙)

【記念写真】↓↓↓

Stereoclubtokyo_20080301_01_sp

Stereoclubtokyo_20080301_01_640_ana

大谷さんが持参された「ギガパン」で360度記念撮影中】↓↓↓

Gigapano02_640_ana

↓↓↓

大谷さん撮影の画像はこちら。(クラブ員の面々と、3D機材色々が360度だ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

3D関西例会にお邪魔しました

3dkansai01_sp

日曜日、とても寒い朝。 新幹線で京都へ。 京都からJR在来線で高槻駅。 大阪のステレオクラブ 「3D関西」さん の例会に参加です。 

3D関西さんは、年4回の例会を開催されている老舗ステレオクラブです。 今日の例会は、午後1時~5時、公民館の一室を借りての開催。 はじめの1時間半くらいは、自己紹介やら、会員さんのトピックスや研究成果の発表です。 お菓子を頂きながら楽しく聞かせて頂きました。 もちろん、ここは大阪ですから、つっこみがないわけがありません。 20名程度の参加で大変盛り上がりました。 

その後は、3D上映会です。 会員さんの撮影された作品を、シルバースクリーンとプロジェクターで上映して楽しみます。 で、驚いたのは、すべての上映がデジタル作品だったこと。 フィルムの作品上映は「0」なんですよ、「0」!  私の所属しているステレオクラブ東京でも、デジタル上映が70%くらいですが、関西は100%だったんです。 聞くと、いつもはフィルム作品も少しはあるらしいのですが、それにしても、大阪の恐るべし進化のスピードには驚きです。 参りましたm(_"_)m

ということで、大阪の皆さん、ありがとうございました。 また、お邪魔しまーす。

| | コメント (1) | トラックバック (0)