« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

が~ん、断線です。

いつものように、Coolpix P5000改 ステレオカメラで、ちょっとスナップ・・・ と思ったところ、

あれ? 右カメラのシャッターしか落ちてない?

左右のカメラを接続するケーブルをよく見てみると・・・ あ~断線している!

P5000_dansen_600_2

こういう曲がっているところは切れやすいんだよな~ と判っていながら、補強していなかった。 半田ごてを取り出して修理しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

「IN YOUR FACE 3-D」 の秘密

「僕の本に隠されたメッセージは読み取ったか?」

これは、アナグリフ本「IN YOUR FACE 3-D」 のデザイナーである Ron氏より届いたメールである。

    Face3d_hiddenmassage_01_450_2

もちろん」と答えておいた。

本を買われた皆さんも、もうすでに読み取ってますよね!

Face3d_hiddenmassage_02_640

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

iPhone + ポテト

iPhone を使い始めて一ヶ月。 電話から、メールのチェック、地図でのナビゲーション、ニュースリーダー、オーディオプレーヤーとして手放せなくなってしまった。 ゲームボーイを手放さない子供状態・・・ いや、デジタルネイティブになった気分だ。

そんな便利なiPhoneだが、問題なのは、全てがタッチパネルというユーザインターフェイス。 どうも僕の指が太いのか、それとも微妙に震えているのか、なかなか思うように入力ができない。 外付けのキーボードが欲しくなるくらいだ。 外人は、太っとい指でこんなの入力できるのだろうか?(デジタルネイティブの指は細いのか?) 

それ加えて、すぐにタッチパネルがベトベトになってしまう。 ファーストフードでポテトを食べながら使おうものなら、表面はあっという間にベトベトのドロドロになり、文字がにじむ・・・ アメリカ生まれのわりに、油に弱いのだ。

↓は、iPhone とポテトのコラボ (ファントグラム)

Iphonewithpotato01_450_ana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

四輪駆動

3-D Indie Film Expo」見物で、温暖なカリフォルニアでワインの予定が・・・

・・・ 仕事で秋田です。

雪です。 四輪駆動です(汗

Snowroad01_640_ana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

Make: Tokyo Meeting 02 で、キロスター体験

朝から Make: Tokyo Meeting 02 を見学に多摩美術大学へ。 このイベントに出展されているヒゲキタさんの自作プラネタリウム+立体映像 「キロスター」を体験するためである。

11時会場到着、ヒゲキタ氏に挨拶し、さっそくキロスターの内部へ。 自作のエアドームは、扇風機3台で膨らませる仕組みで、手作り感120% である。

Kilostar02_640_ana

ドーム内部は以外に広く、20名は余裕で入ることができる。 プラネタリウム本体は、アルミボールにドリルでたくさん穴を空けただけとヒゲキタ氏は言うが、これを自作するのは大変な作業にちがいない。 そして単純な上映装置にもかかわらず、ドームというのは不思議なもので、これで十分に臨場感というか没入感がでるのである。 

Kilostar01_640_ana

上演では、ヒゲキタ氏の話術がなんとも面白く、ドーム内に笑いがこぼれる。 前半のプラネタリウムが終わると、後半は、いよいよ立体映像の上映である。 ドームの中央に、小さな赤と青に豆電球がともされ、全員に赤青メガネが配られた。

そして、ヒゲキタ氏が取り出したのは、宇宙船の骨組み。 これを赤青ランプにかざし、その影を見るのである。 影は、赤と青のランプにより、視差が発生し、なんと宇宙船がドーム内に浮かんでいるように見えるのだ! 驚いたのは、映像がドーム内を包みこみ、まるで立体映像の中に入っているような感覚になることだ。 こんな単純な方法で、ここまで没入感を出す演出を考えるとは、ヒゲキタ氏、恐るべしである。

いや~、楽しい体験をさせて頂きました! ヒゲキタさん、ありがとう。

キロスターを体験し、外でぶらぶらしていると、Re:Qさんとmer2さんにお会いした。 Re:Qさんはキロスターを体験後、ステレオビデオカメラでヒゲキタ氏にインタビューされていた。 自前でカメラを持ちながらのインタビューは、手がしびれるにちがいないが、見上げた根性である。 きっと彼のサイトで、この立体ムービーが、今晩あたりアップされるだろう(期待)↓

Kilostar04_reqsan_640_ana

ということで、その後、Make: Tokyo Meeting 02 会場の様子を撮影してきましたので、立体写真でどうぞ↓↓↓

Topview01_640_ana

飛行船が飛んでいました↓

Airship01_at_mtm02_640_ana

心臓が走っていました↓

Movingheart01_640_ana

ドクロの刺繍が光っていました↓

     Craft01_640_ana

天井からペットボトルがぶら下がっていました↓

Bottleslamp01_640_ana

戦車がいました↓

Tank01_640_ana

そして、ファイヤー↓

Jetengine01_640_ana

ほかにも、たくさんの電子回路とか、高圧放電とか・・・・ 

もう・・・何がなんだか良く判りません!!! 次回は、ぜひ参加してみたいイベントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

iPhone購入、似非ステレオカメラ化

前から欲しかった「iPhone様」を購入してしまった。

お店では店員さんが大切そうに箱を空け、まるで貴重品を扱うようにSIMカードを差し込んで、設定をしてくれた。 たかだか携帯電話なのに・・・と思ったが、まあ表面の仕上げは綺麗なのである。

・・・で、家に帰って喜んで箱を開けた瞬間、iPhone様は箱から飛出し、床に転落。 早々にキズものになった。 (だいたい、あけたら内容物が飛出す箱は、デザイン的にダメだろう・・・ と、自分を言い聞かせる) まあ、一回転落させることで、iPhone様は気軽に使える携帯電話になった。

Iphone01_450_ana_2

まずは、外観をちょっと変更してみることにする。 先日、大阪の3D展示会で、Macエバンジェリストの大谷氏に頂いた「iPhone用ステレオカメラシート」を取り付けてみた。 これは、iPhoneと、保護用ケースの間にはさみこむもので、表面には ステレオカメラ(TDC Vivid) の写真がプリントされている。 これ装着することで、iPhoneがステレオカメラ風に変身するのである。 もちろんiPhoneのオリジナルレンズ部分には穴があいているので、カメラ撮影は可能である。 なお、このステレオカメラシートは、大谷氏の自作品であり、販売はされていない ↓

Iphone03_450_ana

せっかく裏面がステレオカメラになったのだから、表面(ディスプレイ面)にもステレオカメラの裏面を表示してみる↓

Iphone05_450_ana  

あとは、「ステレオメーカ」アプリ (http://ws.typepad.jp/stereomaker/ )をインストールし、これでiPhoneは、身も心もステレオカメラになる~(^o^)~

ちなみに下の写真が、本物の「TDC Vivid」

Vivid01_600_ana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

Make: Japan ミーティングと、キロスター

オーライリージャパンが発行する工作系雑誌「Make: Japan」の日本ミーティング「Make: Tokyo Meeting 2」が、11月8日(土) 多摩美術大学で開催される。 そのイベントの中で、ヒゲキタ氏のプラネタリウム+立体映像ドーム「キロスター」が出展されるようだ。

キロスターとは、ヒゲキタ氏が自作した移動プラネタリウムであり、ピンホール方式により約6千個の星がドームに表示できるというもの。 名前の「キロスター」は、大平氏の「メガスター」に対抗した名前だ。 画期的なのは同一ドームで立体映像も上映してしまう点だ。巨大な映像がドーム内を飛び交うらしい。 原理的には、赤と青のランプを用いた影絵アナグリフ方式で、非常にシンプルなものであるが、そのシンプルさゆえの驚きや、不思議感は、多くの科学少年少女の心をつかんでいるにちがいない。

ということで、11月8日、お時間のあるかたは、「Make: Tokyo Meeting 2」へGOである。

■日時:11月8日(土) 10:30~18:00
■場所:多摩美術大学 八王子キャンパス
■http://www.oreilly.co.jp/mtm02/

追伸-この工作系雑誌「Make: Japan」の最新刊No.5には、ビデオカメラ2台を使って立体映像を撮影する記事が掲載されている。 記事の中では、むっちゃん氏のステレオムービーメーカーなども紹介されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

STEREOeYe メーリングリストの運用開始

STEREOeYe メーリングリストの運用を開始した。

これまでにも、立体写真/立体映像の情報交換の場として、ステレオクラブ東京のメーリングリストや、ISUのメーリングリストなど、クラブ単位での情報交換の方法はあったが、クラブや団体の範囲を超えた情報交換の場が求められたので作ってみました。 

もちろん、今までどおり掲示板なども有効に利用してほしいが、Eメールでやりとりできるプッシュメディアとして、メーリングリストも広く気軽に使ってほしい。 個人・企業を問わず多くの方の参加をお待ちしております。

STEREOeYeメーリングリスト参加登録↓

http://www.stereoeye.jp/ml/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »